052-201-0066

「本気だよ」を英語では? — For real

by admin

過去の未解決殺人事件を再捜査し、真犯人をみつけ、解決に導くドラマ「Cold Case」。このドラマは、なぜか、ほかのドラマより多くの興味ある英語表現が拾えます。なぜなのか?正しい答えかどうかはわかりませんが、ただ言えることは、このドラマの構成にあるのでは?

 

毎回、被害者の人間関係から犯人の可能性のある人物に話を聞きます。参考人の言葉の後、さらにその状況を説明する具体的なシーンが流れます。

 

今回ご紹介するエピソードは、競馬のベテラン騎手が殺害され、馬の墓地に埋められていたコールドケース(未解決事件)です。被害者と息子の間には、息子の借金を巡って確執があったと突き止めた刑事は、息子に会いに行きます。

 

息子:    確かに父に借金のことで迷惑はかけたが、借りは返した。

刑事:    どうやって?

息子:    新しい馬の調教師になって、調教師としての力を証明したよ。

 

ここで、それを証明する回想シーンが流れます。

 

息子:    今度こそ頑張るよ。本気でやる

父:       良い調教師になるには才能が必要だ。

息子:    馬との絆だね。

父:       そうだ。お前にはその才能がある。

 

このように、参考人の言葉による証言があってから、実際のシーンが流れるため、状況把握ができ、字幕が邪魔をせずに英語の音声が耳に入りやすくなります。この構成が、英語表現を拾いやすくしているのでは?と考えます。

 

ところで、今日の表現は、「本気でやる」です。

 

短いですが、効果的なフレーズです。

 

For real.

 

このように使います。

 

I’ll try this time. For real.

今度はやるよ!本気だよ。

Uncategorized